後遺障害とは何か

当サイトでは後遺障害の診断を受けるにあたって必要な情報を提供していますが、まずは読み進めていくにあたって押さえてほしい基本事項について解説します。
用語の説明がメインになりますが、一つは後遺障害とは何か、そしてもう一つは症状固定とは何かです。


そもそも後遺障害とは何なのかという話ですが、交通事故により心身に負った傷害が、この先も回復が望めない状態に陥り、この状態と交通事故に十分な関連性や整合性があって、医学的にもそのことが認められるもので、労働能力の低下が伴いその程度が自賠法施行令の等級に当てはまるもののことをいいます。


次に症状固定とは何かについてですが、これは前述した心身に負った状態が将来的にも回復が望めない状態のことをいいます。
症状固定となった場合、等級認定が与えられると逸失利益、後遺障害慰謝料、介護料といった名目で後遺障害の損害賠償を受けられます。
また、症状固定前では治療費、入通院慰謝料、休業損害、交通費、付添看護費、入院雑費といった名目での傷害に対する損害賠償が受けられるのです。


なお、後遺障害の申請をおこなうためには症状固定の状態になっていなければいけません。
このサイトでは症状固定の判断はだれがおこない、診断書の作成はだれがしてくれるのか、診断書作成の要点は何なのか、作成にはいくらかかるのか、また期間はどれだけかかるのかをまとめていますので、後遺障害に関する知識を深めるための一助となれば幸いです。


▽Special Link
交通事故により後遺症を負ってしまった場合に損害賠償などの相談に乗ってくれるサイトです ⇒ 交通事故 後遺症

Copyright © 2014 後遺障害の診断を受ける All Rights Reserved.